受付を終了いたしました。フィジカルアセスメントから腹部症状をみる【東京会場】2019/12/12

 

 

受付を終了いたしました。

 

」フィジカルアセスメントから腹部症状をみる看護セミナー概要

  普段の業務の中で患者さんからの訴えも多い腹部症状。今回は腹痛をはじめとする腹部症状にスポットを当て、腹部の解剖生理やフィジカルアセスメントを学び、明日から使える看護技術として身につけましょう。

テーマフィジカルアセスメントから腹部症状をみる
開催日時

2019年 12月12日(木) 10:00~16:00 開場9:40~

※お昼休み1時間と1時間前後で5~10分の小休憩

最寄駅各線 渋谷駅  徒歩 5分
会場フォーラムエイト 509(5F)
住所

東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル

【地図】

受講料1名様 9,900 円(税込)

 

看護セミナープログラム

 

腹部の解剖生理

普段何気なく観察しているお腹。よくわかっているようで、意外に忘れているお腹の解剖生理。今回は初心に帰って腹部にある臓器の解剖生理を復習して理解を深めていきましょう。

 

腹部症状のアセスメント

「お腹が痛い」といっても、その症状はさまざま。腹部症状がある患者さんを医師は一体、どんなことを観察しているのか?外科医を呼ばないといけないお腹とは?そんな症状の時、ナースは何を考え、動くべきなのかを、観察ポイントを踏まえて学んでいきましょう。

 

腹部のフィジカルアセスメント

最近は検査や画像診断、モニタリングシステムが高精度化して、患者さんの体を「みる」という観察を忘れがち。しかし、実際に人の体からいろいろな情報がわかります。見て、聞いて、感じてという単純かつ、簡単なテクニック、フィジカルアセスメントを体験してみましょう。

 

症例検討

「こんな時どうする?」普段の看護業務で悩ましい出来事に遭遇することもしばしば。今回のセミナーでは腹部症状のある患者さんへの対応を考えてみると共に、医師や同僚、先輩への「上手な」報告方法も勉強してみたいと思います。

 

受講後にんな効果が期待できます

 ・解剖生理の復習と腹部症状を考えることができるようになります。

・系統的な腹部のフィジカルアセスメントが身につきます。

・医師の視点を理解することができます。

・看護の観察力をさらに磨きをかけることができます。

看護セミナー講師

腹部フィジカルアセスメント荻野講師写真

【講 師 】 荻野 康崇

【 所 属 】 熊谷総合病院 診療部 診療看護科

【 資 格 】 診療看護師(NP)

【 略 歴 】 

2003 年 看護師免許取得

2012 年   東京医療保健大学大学院看護学研究科修了 看護学修士 日本NP大学院教育協議会 NP資格試験合格  

 

セミナーお申込みフォーム

[contact-form-7 404 "Not Found"]

お申込み後、すぐにお申込みメールが届きます。  

 

すぐにメールが届かない場合

①メールアドレスの相違

再度メールアドレスをご確認の上、送信してください。

②ドメイン拒否

ドメイン拒否を解除していただくか、メールが届くアドレスへご変更願います。 こんな方にお勧め

FAXからのお申込みの場合

 

用紙をこちらからダウンロード  

フィジカルアセスメント腹部,看護師セミナー
最新情報をチェックしよう!
>お問い合わせ

お問い合わせ

空き状況の確認などは下記までご連絡ください。

【 TEL 】0120-917-095
【 FAX 】042-656-6225
セミナー担当まで

受付時間 9:00~18:00
※土日祝日,年末年始は休業日

〒192-0046
東京都八王子市明神町3-20-6
八王子ファーストスクエア 8F
株式会社ルフト・メディカルケア